【デュエマ復帰勢の為の】現在でも使える昔のカードまとめVol11!

デュエマ By 五つ葉
デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

 

2010年6月26日、切札勝舞編最後のシリーズとなる

覚醒編がスタートしました!

 

このシリーズからメインデッキとは異なる8枚で構成される超次元ゾーンが実装

表と裏で異なるクリーチャーとなっているサイキック・クリーチャーの登場

 

それを超次元ゾーンからサイキック・クリーチャーを

呼び出す超次元呪文といったように

サイキック・クリーチャーに焦点を当てたシリーズとなっております!

 

愛魂

この頃のボスって確か・・

 

五つ葉

生活環境が変わって帰省した際に

1度遊んだだけで引退していた。

 

愛魂

そんなんでちゃんと紹介できるんですかー?

 

五つ葉

それについては問題ない。

現環境でもよく見かけるカードが揃ってるからね。

 

~前回の記事~

 

デュエマ復帰勢の為の昔の使えるカード解説

 

この時期は多数のサイキック・クリーチャーが登場し、

その中でもハンデスを駆使するドロマー超次元というデッキが

環境トップに立っていました。

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

※プレミアム殿堂の超次元バイス・ホール

相手の手札を見て1枚捨てて大型クリーチャーを

呼び出すとか強いことしか書いてない。

 

このシリーズからはフレイム・コマンドが実装され、

全ての文明にコマンドが揃ったのです。

(その前の神化編でガイア・コマンドサイバー・コマンドが実装されました)

 

五つ葉

覚醒編以降のシリーズはやってないから

資料を調べた上でしか発言ができないのがネックだね。

 

愛魂

環境の変化がそれほど大きかったってことなんですね。

 

五つ葉

周囲にデュエマやってる人いなかったし、

当時はTwitterもやってなかったからね。

 

愛魂

だけどボスは復帰して色々と吸収してるので、

ボスのような復帰勢のためになるように

ちゃんと解説していきます。

 

ブルース・ガー

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

覚醒編のカードの中での出世頭とも言えるカード

2019年後期の環境デッキである赤単ブランド

1コスト枠として使われています。

 

実質1度しか攻撃が出来ないのですが、1コスト故の宿命だと思います。

 

シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

バトルゾーンに出した時に自分のマナのドラゴンをアンタップします。

近年ではツインパクトカードが増えたことにより、扱いやすくなりました。

 

 

前回紹介したボルシャックNEXのデッキに入ることが多いです。

 

超次元ボルシャック・ホール

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

パワー3000以下を破壊してコストの合計が5以下になるように

選んだサイキック・クリーチャー2体か、

コスト7以下の火のサイキック・クリーチャーを1体を出します。

 

相手の小型のシステムクリーチャーを破壊しながら

勝利のガイアール・カイザー勝利のリュウセイ・カイザー

呼び出して妨害することが可能です。

 

超次元ムシャ・ホール

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

相手のコスト4以下のクリーチャーを破壊して

コスト7以下の火のサイキック・クリーチャーを出します。

 

最近はコスト4以下でパワーが5000を超えるクリーチャーの数が

それなりに増えているので、ボルシャック・ホールよりも採用率はこちらの方が高いのですが、

ボルシャック・ホールと違い、コスト5以下を2体まで選べないので

どちらを採用するのかはお好みで。

 

時空の喧嘩屋キル
巨人の覚醒者セツダン

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

自分のサイキック・クリーチャーが手札に戻す効果を受ける時

その効果を無効化することができます。

 

自分のターンのはじめにパワー6000以上のクリーチャーがいれば覚醒します。

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

覚醒後は種族がジャイアントに変更され、

パワーアタッカー+2000とW・ブレイカーが追加されます。

 

サイバー・J・イレブン

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

自分のバトルゾーンに11体の水のクリーチャーがいればエクストラウィンするカード

 

エクストラウィンは嫌われる傾向にあるものの、

このカードのフレーバーテキストは“みんなと戦えてよかった”

と感情を揺さぶるテキストが書いており、ファンが多いカードでもあるのです。

 

使い方は様々であり、GRクリーチャーを使う

水文明を追加するクリーチャーを出すといった具合に

工夫のしがいのあるカードです。

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

 

この辺のカードとか有効利用できそうです。

 

ホーガン・ブラスター

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

自分の山札をシャッフルして1枚めくる。

それがクリーチャーか呪文であればそのまんま使用する超運ゲーカード

 

このカードのように発動したらゲームセットに追い込まれるカードを引いて

相手を絶望に叩きつけられることを祈って使用しましょう。

 

時空の英雄アンタッチャブル
変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

アンタッチャブルと名前の通りに選ばれない能力をもっています。

コントロールデッキで攻めないといけないと判断した時に使うのですが、

選ばれないというだけで強いです。

 

各プレイヤーのターンの終わりに、

自分の他のサイキック・クリーチャーが覚醒していると覚醒します。

 

攻めに行く時には前述したキルと一緒に出し

テック団の波壊Go!や謎帥の艦隊への耐性を高める

キルチャブルという組み合わせで攻めていきます。

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

覚醒後はブロックされなくなり種族がサイバー・コマンドになるので、

デッドダムド、ギャブル、アダムスキーに侵略可能です。

 

ただしアンタッチャブルを覚醒させるのは面倒なので、

水のコスト7以下を出せる超次元呪文を使って出すことになります。

 

幸運の精霊ファイブスター

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

パワーの下3桁が500のクリーチャーが出る度に山札から2枚

シールド1枚の下に加えるので、S・トリガーを引きやすくなります。

 

最低でもエメラルーダを出すだけでアドバンテージが稼げます。

その上S・トリガーを仕込めるので強い。

 

他の使い方としてはパワーの下3桁が500の

GRクリーチャーと一緒に使っても強いです。

 

ブラッディ・クロス

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

お互いの山札を2枚墓地に送ります。

コストが2しかない為、墓地の呪文を再利用するカードや

山札を回復させるカードを組み合わせて山札切れを狙いにいく時に使えます。

 

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

 

 

黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

出た時に自分の山札を3枚残し、他全てを墓地に送ります。

この能力単体だと自分が不利になるだけなので、

何かしらのコンボをする時に使います。

 

山札切れでエクストラウィンを狙ったり

 

 

進化元を10枚墓地に送ってエクストラウィンしたりと、

エクストラウィンを狙いに行くデッキが最低でも2種類は組めます。

 

時空の凶兵ブラック・ガンヴィート
凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

出た時に相手のタップしているクリーチャーを破壊できるので、

殴り返しにもってこいのカードです。

 

コマンドを持っているので、デッドダムドデッドゾーン侵略可能です。

 

相手ターン終了時に相手の手札が無ければ覚醒します。

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

覚醒すると攻撃時に手札とクリーチャーを破壊できますが、

五つ葉は覚醒させて使っている所を見たことがありません。

 

 

 

覚醒させて使用することを考えるなら、

強制的に手札を捨てさせるカードを上手く組み合わせる必要があるので、

専用デッキを組む必要があると考えています。

 

凰翔竜機バルキリー・ルピア

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

ファイアー・バードまたはアーマード・ドラゴンの進化クリーチャー

山札からドラゴンを1枚選んで手札に加えます。

 

デュエマ,復帰勢,オススメ,昔のカード,使える

 

前回紹介したボルシャックNEXから進化してミラダンテⅫを手札に加え

そのまんま革命チェンジをして攻撃を仕掛ける時に使います。

 

次回以降について

 

次のシリーズからは主人公が勝舞から弟の勝太に交代した

エピソード1がスタートします。

 

しかし自分の中で昔のカードというのは

勝舞編のカードという認識があります。

 

五つ葉

俺の中じゃあエピソードシリーズ以降は全部

新しいカードって認識なのよね。

 

愛魂

それほど時間が経過したってことなんです。

 

そういうことで昔の使えるカードシリーズは

最終回(仮)ということになりますので、

エピソードシリーズのカード紹介は要望が無い限りは1年以上先になるかと思います。

 

五つ葉

それと新しいカードが出た時に昔のカードが

強化されたと判断したら過去の記事を更新するので、

そこについては安心(?)してほしいと思う。

 

一旦現在でも使える昔のカードシリーズを終了しますが、

このシリーズをキッカケにして昔のカードにも再注目していただき、

皆さんのデュエマライフを豊かにできたらなと願い続けています。

ありがとうございました。


カテゴリー:デュエマ

五つ葉