【デュエマ復帰勢の為の】現在でも使える昔のカードまとめVol1!

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

 

デュエルマスターズことデュエマ。

今の20代が小学生の頃に遊んだという人も多いでしょう。

五つ葉も小学生~高校生の時まで遊んでいました。

 

そして何かがキッカケでデュエマに復帰したという話もあります。

バイト先の友達がプレイヤーだとか、

デュエマクラシックという遊びの動画を見た等色々あります。

 

 

そして五つ葉も復帰勢の一人ですが、

今も使える昔のカードってどんなのがあるの?

 

この疑問を解決すれば自分だけでなく、

デュエマ復帰勢の助けになることでしょう。

 

五つ葉

今回は1~5弾までのカードを紹介します。

デュエマ初期勢なら押入れに眠ってるかもね!

 

愛魂

ボスは全て捨ててしまったので

買い直しております。

 

デュエマ復帰勢の為の昔の使えるカード解説:火編

 

火文明のカードは昔と変わらず速攻が得意です。

それ故に手札が切れやすいという欠点がありますが、

最近では手札補充のカードも増えてきました。

 

五つ葉

ブレイズクローやヒューマノイドを並べて

速攻するのが楽しいのよね。

 

愛魂

この辺りはドラゴンが弱かったですが、

使えるカードはどれだけあるんでしょう?

 

狂戦士ブレイズ・クロー

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

火単速攻と言えばこのカード!

現在では火以外の速攻デッキが組まれる事があり、

数が減ったものの火単ビートジョッキーは勿論、

火水ガネージャービートには必須クラスの性能を持っています。

 

ちなみに吉崎観音氏が描いたバージョンのプロモカードが存在しており、

1枚1500円を超える価値があります。

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

 

五つ葉

問題はこの二つのデッキが環境でないので、

完全に趣味枠になっています。

 

愛魂

それでもどちらも早いので、

早期決着が好きな方には使えるカードです。

 

五つ葉

ちなみに1~5弾で現在も使える

火のカードはコイツだけです。

 

愛魂

悲しい現実・・・

 

デュエマ復帰勢の為の昔の使えるカード解説:水編

 

水文明は相変わらず手札補充やバウンスを得意とし、

こちらのリソースを増やして相手をコントロールするのが得意です。

 

初期に殿堂入りしたカードが非常に多く、

現在でも使えるカードが多いです。

 

ちなみに数年前にはリキッド・ピープルが強化されたこともありました。

 

五つ葉

リキッド・ピープルデッキ組みたい。

(趣味デッキ)

 

愛魂

ボスはファンデッキってヤツが大好きなんですよ。

 

アクア・ガード

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

低コストブロッカーの代表

昔と変わらず進化クリーチャーに繋げて勝負を決めるという戦法が得意。

 

現在では水のビートダウンデッキに採用され、

大船長オクトパスカルという水なら誰でも進化出来る上に

コストが減ったクリスタルランサーのようなカードの進化元に使われます。

 

実は貝獣ホタッテという上位互換がいますが、

リキッド・ピープルが種族的に優秀なので、差別化は出来ております。

 

五つ葉

同じく火・水なら誰でも進化出来る

カーリガネージャーにも採用の余地ありだよ。

 

スパイラルゲート

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

説明不要の殿堂入り呪文。

低コストで一時的に相手の行動を遅らせるのが最大の特徴。

 

ただし大量展開してくる火単速攻やメタリカデッキには不利だが、

初動が遅いデッキならば十分に噛み合う。

 

五つ葉

ちなみに同効果のアクア・サーファーも強いけど、

上位互換がいるので紹介はしないよ。

 

エメラル

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

これも説明不要の殿堂入りカード。

シールドトリガーを仕込めるという効果はいつの時代も強い。

 

最近では同効果のクリーチャーが複数いるが、

2マナで使えるのがエメラルだけなので、その点はやはり殿堂入りの貫禄あり。

 

五つ葉

小学生の頃は何が強いのか分かっていなかった。

何故だろう?

 

愛魂

持っているカードが少なかったんだと

思うんですよね・・

 

ストリーミング・シェイバー

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

水単デッキならば、4枚ドローできるというチートクラスの呪文。

単色で組まれるリキッド・ピープルムートピアデッキで採用されます。

 

更に初期版は1000円を超える高級カードです!

 

五つ葉

これいいよね、

やっぱりドローソースって強いわ。

 

デュエマ復帰勢の為の昔の使えるカード解説:自然編

自然文明はマナチャージと高パワーのクリーチャーがウリです。

 

最近ではマッハファイターという能力があり、

召喚したターンのみアンタップされていないクリーチャーをアタックできる

スピードアタッカー的なクリーチャーがいます。

 

五つ葉

マッハファイターは流行りの

異端流しオニカマスに対応しやすいね。

 

青銅の鎧

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

伝説のマナチャージカードその1です。

このカードを出してマナ加速していく流れは今も昔もほぼ変わりません。

 

愛魂

マナチャージは大事ですもんね。

このカードは偉大です。

 

五つ葉

忘れがちだと思うけど、

フェアリーライフは6弾のカードだから

今回は紹介しないよ。

 

スナイプモスキート

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

これが強いカード?

小学生感覚だと、「アタックする度にマナが減ってしまう雑魚カードじゃないか!」

という気持ちになるかもしれませんが・・・

 

青銅の鎧を出した時に使いたいカードがマナに行ってしまった時に

そのカードをマナから回収するという役目を担えます。

 

そして2013年のルール変更に伴い、

ジャイアント・インセクトがジャイアントの区分に入ることになり、

ジャイアントを使うデッキの幅が広がりました。

 

現在使われるジャイアントデッキには、

シノビドルゲーザというのがあり、中堅クラスの強さを保持しております。

 

五つ葉

実は入手したことが無いカード。

そして今はめちゃくちゃ欲しい!

 

深緑の魔方陣

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

マナからシールドを補充するカード。

上位互換的なカードが登場していない為、現在も普通に使えるカードです。

 

シールドトリガー籠城という系統のデッキが存在しており、

それに採用されます。

 

五つ葉

相手にトリガーがバレるけど、

同時にプレッシャーを与えられるよ。

 

デュエマ復帰勢の為の昔の使えるカード解説:光編

 

光文明は高パワーのブロッカーやシールド補充

といった守りが硬い文明です。

 

最近では小型クリーチャーを数多く展開する戦術がメインの

メタリカという種族が強いです。

 

五つ葉

ヘブンズ・ゲートは今も現役だよー。

 

愛魂

ボスは低コスト展開が好きなので、

メタリカにも大いに興味があるそうです。

 

雷鳴の守護者ミスト・リエス

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

元殿堂入りカード。

お互いがクリーチャーを出す度に山札からカードを引けるので、

早めに除去しないとエライことになります。

 

展開力が強いメタリカデッキのドローソースになる

龍装者バーナインを持っていない時の代用品になります。

 

しかしコストが5あるので、どう出すのか考える余地がありますし、

パワーも2000しかないので簡単に除去されてしまいます。

(相手のカードを1枚削ったという見方もできますけどね)

 

五つ葉

相手が使うと面倒なカードで

自分が使うと弱く感じる不思議なカード。

 

愛魂

バーナインを持っているのなら

必要性はほぼ無いです。

 

精霊王アルカディアス

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

元祖エンジェル・コマンドの進化クリーチャー。

光以外の呪文が使えなくなるので、

相手に光が入っていない時には行動を縛ることができます。

 

登場当時は使いにくいカードでしたが、

現在では低コストのエンジェル・コマンド増えて進化しやすくなり、

パワーも12500あるので、レッドゾーンを殴り倒す事ができます。

 

絶十デッキに採用されることがあり、

処罰の精霊ウラルス堕天ノ黒帝 絶十のコンボを決めた後に

ウラルスを進化させるという流れで使う事ができます。

 

五つ葉

アルファディオスといった派生種がいるけど、

出しやすくて強いのはアルカディアスだね!

 

デュエマ復帰勢の為の昔の使えるカード解説:闇編

除去や手札破壊が得意な闇文明。

10年程前から行われている墓地を利用して戦う戦法もかなり強いです。

 

まさかのあのカードが高騰しているという

驚愕の事実を知ることになります。

 

五つ葉

現在はフレーバーテキストのみに出ていた

覇王ブラックモナークが実装されたよ。

 

愛魂

種族はデーモン・コマンドとダークロードです。

 

ねじれるものボーン・スライム

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

1マナでアタック出来るブロッカー。

3マナ3000の同じ効果のクリーチャーが登場しましたが、

ボーンスライムの強さはこの軽さにあるので、こっちが勝っています。

 

闇の速攻デッキでは必須クラスの軽さと強さであり、

破壊した次のターンには墓地から

ワームゴワルスキー、デス・マーチに進化することもできます。

 

更に革命チェンジと組み合わせても強く、

アタック時に革命チェンジで手札に戻すことで何度でも出てくる1マナのブロッカーになります。

 

ちなみにうちゅう人田中太郎の作者ながとしやすなり氏が描いた

ボーンスライムも存在しており、数少ない再録版でもあったりします。

 

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

 

五つ葉

やっぱり軽くて強いのが正義だね。

 

魔流毒

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

自分のクリーチャーを破壊してマナ回収を行うカード。

登場時期は使いにくいカードでしたが、

破壊された時に効果を発揮するカードと組み合わせることで強さを発揮できます。

 

さらにこのカードは高騰しており、500円以上の価値があります!

 

その理由はウォズレックループというデッキのコンボパーツに

採用されることがあるからです。

(これを使って今年の大会で優勝した方がいます。)

 

五つ葉

歴史が長い故に昔の変なカードが

注目されることがある。

素敵なことだと思います。

 

ファントムベール

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

相手に強制アタックを強要する呪文。

クリーチャーを固めて殴ろうと準備中の時、

強い効果をもったクリーチャーがアタックしてこない時に使うと

心理的プレッシャーを与えることができます。

 

具体的には異端流しオニカマスをタップさせたり

Dの牢閣 メメント守神宮と組み合わせてブロッカー化したクリーチャーで

カウンターを狙うといった使い方ができます。

 

五つ葉

今ならメタリカデッキで輝きそう。

 

最後に

 

如何でしたか?

こうして見ると今でも使えるカードがそこそこあります。

 

押入れにカードが眠っていた復帰勢の方ならば、

どれか一枚は持っていると思います。

 

しかしエナジー・ライト、ナチュラルトラップ、デーモンハンドは残念ながら

上位互換が出てしまった為、紹介を見送らせていただきました。

(全く使えないわけではないので、代用品として使用すればOK)

 

今回はデュエマ1~5弾までの使えるカードの紹介でしたが、

次回は6~9弾までカードを紹介します。

お楽しみに!!

 

五つ葉

もしも今の環境に入りたくないのなら、

デュエマクラシックへの参加をオススメします!