【デュエマ復帰勢の為の】現在でも使える昔のカードまとめVol2!

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

 

先日デュエルマスターズ(以下デュエマ)の昔のカードで

現在でも実用性が高いもカードを紹介したのですが、

本記事はその続きになります。

 

前回の記事

 

今回紹介するカードは闘魂編と呼ばれる

6~9弾までとさせていただきます。

 

五つ葉

あのボルメテウス・ホワイトドラゴンを排出した

伝説のシリーズだぜ。

 

愛魂

このシリーズからカードパワーが上がって

更にドラゴンが強化されました。

 

デュエマ復帰勢の為の昔の使えるカード解説

 

闘魂編はドラゴンと種族統一推しをしてきたシリーズですが、

現在はそのパーツの役目を担ったコッコ・ルピアや光器ペトローバは使われなくなりました。

 

しかし今も変わらぬ強さを維持しているカードもあり、

デュエマのゲーム性の向上に貢献したことが分かります。

 

五つ葉

ルピアが廃れてもボルメテウスは

専用デッキを組まれたりすることがある。

 

愛魂

ロマン溢れる話ですね。

それでは紹介行ってみましょう!

 

クライシスボーラー

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

相手が任意でマナかバトルゾーンのカードを一枚墓地に送ります。

 

重要なのがバトルゾーンのカードという部分で、

バトルゾーンに展開出来るカードは2019年現在

クロスギア・D2フィールド・サイキッククリーチャー・ドラグハート・GRクリーチャー

多岐に渡る為、発動タイミングが合えば破壊しにくいカードを

破壊することが可能です。

 

五つ葉

登場時はバトルゾーンに留まるカードは

クリーチャーしかいなかったので、

バトルゾーンと表記されているのよね。

 

ムラマサリザード

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

超ドマイナー種族デューンゲッコーの中ではまともなカード。

後続のTブレイカー持ちのクリーチャーのサポートをすれば

使えなくもないが、昔から使われるカードではなかった。

 

しかも後に登場した永遠のリュウセイ・カイザー

常時味方をスピードアタッカーにするという完全上位互換な能力持ちの為、

ムラマサリザードの出番が完全に消えました。

 

しかしムラマサリザードはガチャンコガチロボデッキという

コスト6のクリーチャーを固めて同コストのクリーチャーの

召喚コストを踏み倒すというギャンブルデッキに使われることがあります。

 

五つ葉

子供時代はカードがそんなに買えなかったので、

普通にスピードアタッカー枠として採用していました。

無限掌

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

デュエマで最も有名(?)なコンボ無限コマンドに使われるカードです。

現在はマッハファイター能力を持つクリーチャーと組み合わせると

フル・コマンドを不要として、クリーチャーを無限にアタックできます。

 

※マッハファイター:

出したターンのみ、タップまたはアンタップされていないクリーチャーをアタックできる能力

 

しかもマッハファイターを持つクリーチャーは

殆どが低コストでパワーが高いので、パワー負けすることがほぼありません。

 

五つ葉

実は無限コマンドを成功させて試しが無い。

1枚ずつしか持ってなかったからね。

 

フェアリーライフ

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

今も昔も使い方が変わらないマナチャージカードの代表格。

 

初動で放って次に繋げる。

自然文明を扱う上でこの動きは欠かせません。

 

五つ葉

マジでツインパクト化しないでほしい。

クリーチャー面によっては暴動が起きるレベルだと思う。

 

愛魂

クリーチャー面が雑魚カードなら

まだワンチャンありそうですけど・・

 

誕生の祈

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

相手プレイヤーをアタックしてブロックされなかったときに

クリーチャーをサーチするという便利だけど使いにくい能力ですが、

ビートシノビ、誕生ドギラゴンデッキに組み込まれます。

 

特にドギラゴンデッキはコンボパーツが

軒並み殿堂入りしてしまった影響を受けて

サーチ担当として誕生の祈にその役目が回ってきました。

 

五つ葉

ドギラゴンデッキは現在環境で使われませんが、

強力であるのは間違いないです。

 

愛魂

殿堂0デュエルって遊びがあるので、

そちらを参照にするといいですよ。

 

預言者マリエル

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

マリエルロックというジャンルを作りだした凶悪システムクリーチャー

その中のマリエルエンフォーサーという戦術が有名ですが、

2011年にマリエルジャスティウスというコンボが出現し、

どのクリーチャーもアタックすることが出来ないという

状況を作りだすことが可能になりました。

 

最もマリエルは殿堂入りしているので実現は難しいですが、

やられたらやられたらで苦戦することは必至です。

 

五つ葉

実用するのは難しいけど、ネタデッキとしてはハイレベル。

不意に食らったら抜け出せないと思う。

 

愛魂

範囲除去カードを搭載すれば

無問題だと思いますけどね。

死縛虫グレイブ・ワームγ

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

墓地回収が出来るサバイバー。

サバイバー効果でサバイバーを出す度に墓地回収を行うという

相手からすればかなり面倒なことをしてくるクリーチャーになります。

 

サバイバーは5~6弾でしか登場しない種族でしたが、

2015年に新規サバイバーが追加され、サバイバーデッキの多様性が広がりました。

 

しかもこの時にグレイブ・ワームγは再録されなかった為、

価格が非常に高騰しております。

 

もしも現在も所持しており、サバイバーデッキを組むつもりが無い方は、

サバイバーデッキを組みたい方に売っておくことをオススメします。

 

五つ葉

サバイバーはガチで強くなりましたよ。

 

ディメンジョン・チョーカー

デュエマ,復帰,勢,昔,使える,カード

ドラゴンを墓地回収できる優良クリーチャー。

魔龍バベルギヌス、黒神龍グールジェネレイトといった蘇生カードに

遅れを取った時期もありましたが、それでも優秀。

 

現在では種族にドラゴンギルドを持つツインパクトのカードが存在する為、

呪文回収カードとしても利用することができます。

 

五つ葉

ドラゴンの種類がめちゃくちゃ増えたから、

デッキの組み合わせによっては強さが変わってくるね!

 

お詫び:ツインパクトが原因で・・

 

前回は火の次は水のカードを紹介しましたが、

残念なことに現在のデュエマでまともに使えそうな

水のカードを確認することができませんでした。

 

これもツインパクトが原因であるのは明白です。

それで良くなったカードもあるんですけどね・・

 

※ツインパクト

1枚のカードにクリーチャーと呪文を併せ持っている。

状況に応じてクリーチャーか呪文を選べるのが特徴。

 

昔の強いカードもツインパクト化しており、

クリーチャー面によっては引退に追い込まれてしまったカードも存在する。

(デーモンハンドもその内の一つ)

 

五つ葉

ショッキングでしたがこれも時代の流れかと。

 

愛魂

エナジーライトやブレイン・チャージャーは強いですけど、

ツインパクト化してしまったのが悪いんです・・

 

最後に

 

如何でしたか?

基本編に比べるとピーキーな使い方をするカードが多いですが、

フェアリーライフが今も現役で活躍していると知って安心された方も多いと思います。

 

次回は聖拳編(10~13弾)のカードを紹介します。

非常に長くなりそうなので、前後編に分けて紹介していきます。

 

五つ葉

多色カードが登場した上に

今まで以上に使われるカードが多数存在するので

お楽しみに!!